インテリア

【インテリア】インダストリアルテイストなお部屋におすすめ!-journal standard furniture-

Pocket

古いのに今にマッチする。ファッションのような家具提案。

ベイクルーズグループが運営するジャーナルスタンダードのインテリアショップ、それがjournal standard furnitureです。ヴィンテージテイストなアイテムを主に取り扱っていますが、単にオールドというわけでなく、今風にジャーナルスタンダード独自の解釈を加えた、時流にあった家具提案をしています。

古いのに、新しい。

新しいのに、懐かしい。

長年使い慣らしたかのような独特の匂いを持ったアイテム達は、男性の部屋にも女性の部屋にも自然とマッチします。

リアルヴィンテージとトレンドの融合

journal standard furnitureの家具提案はヴィンテージでありながら、今の時代の生活者のことを考えた、ヴィンテージを抱えることに無理のない提案になっています。

PSF SOFAにはソファの下部にUSBコネクタを含め、2口のコンセント差込口を装備。

ソファといえばリビングでくつろぐスペース。そこではタブレットやスマホの充電をしながら、寝転んでディスプレイを眺めて時間を過ごすのは、現代人の家では見慣れた光景です。さらにこちら、一見すると革の本格派ソファですが、実は洗濯可能な布製。撥水加工も施されており汚れにくく、メンテナンス難度を下げてくれます。コンセントをつけただけで終わらず、現代の生活者に寄り添った提案がなされています。

現代生活者に寄り添っている商品展開は、こちらにも。

首都圏で暮らし、勤務する人の部屋はどうしても狭くなりがち。そんな狭い部屋でもヴィンテージの香りがしながらも、デスクにも使用可能な利便性を提案してくれます。コロナ禍によって内勤される方が増える前から、こちらのダイニングテーブルの提案はされていますが、手狭になりがちな部屋に良い物を置いて、かつ利便性を上げたいという欲求にも答えてくれます。

また、同様な形式の商品は低価格家具店でも追ってなされてますが、材質的にはこちらの方が断然高級感があります。一度店舗で触れて頂けると分かると思います。

比較的安価に手に入る本格派

質感が良く、しっかりとした作りながら本格派の加工がなされているjournal standard furnitureの家具ですが、比較的安価に販売されています。古材や鋳物を使ったヴィンテージの香りがする家具たちを、是非店頭で見てみてください。

画像http://acme.co.jp/js-furniture/

【journal standard furniture】

journal standard Furniture 渋谷店

(JOURNAL STANDARD SQUARE取扱店)

ファニチャー住所東京都渋谷区神宮前6-19-13 1・B1F

電話番号03-6419-1350 営業時間 11:00~20:00 定休日不定休

http://acme.co.jp/

-インテリア

© 2021 Smily! Powered by AFFINGER5